瑞鳳会グループ岐阜市内を中心に、地域の皆さまへ医療・保健・介護・福祉のお手伝いを展開しています。

ご挨拶

瑞鳳会グループは、1981年(昭和56年)の松岡整形外科の開院を出発点として、介護老人保健施設、デイサービス、デイケア、居宅介護支援事業所、訪問看護、訪問介護、訪問リハビリ、グループホーム、小規模多機能型居宅介護事業所等、岐阜市内を中心に、医療・介護・福祉のサービスを展開し現在に至っております。
いつまでも社会人として自立し、住み慣れた地域で家族と共に暮らし続けられることこそ、これから求められる人生像であり、老後の望ましい姿であると思います。私たちは人々のその願いをかたちにするために何をすべきか、どのような援助、支援ができるかを常に考え、ご本人とご家族そして私たちとの間のコミュニケーションを大切に、地域の人々に愛される施設づくりを我々のライフワークとして、邁進しております。そのような思いは当グループのシンボルマークの3つのハートに重ねて表現いたしました。ご本人のハート、ご家族のハート、そして私たちスタッフのハート、これら3つが寄り添い揃うことで、よりよい医療・介護・福祉が実践できると思っております。
医療法人社団 瑞鳳会・社会福祉法人 瑞鳳会
理事長 松岡正治

■資格

医学博士 松岡正治
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会リウマチ医
  • 日本整形外科学会スポーツ医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 日本リウマチ学会登録医
  • 日本リウマチ学会認定医
  • 日本リハビリテーション医学会臨床認定医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医

理念

患者様、利用者様第一主義 患者様、利用者様の権利を尊重し、誰もがいつでも心ある医療・ケアを提供します。

私たち施設経営者と職員は、
  • 1.患者様、利用者様の納得に基づく医療・ケアをすすめます。
  • 2.患者様、利用者様のプライバシーを尊重いたします。
  • 3.患者様、利用者様に快適な医療・ケア環境とサービスを提供いたします。
  • 4.患者様、利用者様により良い医療・ケアができるよう研修と研鑚に努めます。
  • 5.地域の皆様との交流を深め、皆様の健康管理に努めます。
  • 6.目的を同じにするパートナーであり、お互いの成長と発展のために努力します。